【最速のTOEFL対策】純日本人にとって、高速でTOEFL®得点を上げられるセクション項目とは?

【 留学英語に取り組むなら知っておきたい!】 純日本人にとって、TOEFL®リーディング得点を上げことが目標スコアを最短で取るための最初のステップ!

 

リーディング学習のカギは、学習手順です。

手あたり次第に問題に手を付けても英語力は上がりません。

今回は、リーディング学習のカギとなる「学習ステップ」を上げました。

手抜き学習で留学英語TOEFLを対策しても全く太刀打ちできません。

遠回りのように見えて、確実にスコア獲得に向かいますので、手をかけていきましょう。

 

≪ まとめ: リーディング学習のカギは、学習手順にあり!≫

ひとつひとつのプロセスをとことん強化させるだけで英語力アップ!

逆に「手抜き学習」「突貫工事」は、スコアが上がらない長期化を招く可能性があります💦

 

 

ステップ1 「英文の理解度上げる」

・日付/正解率/解答回数(3点セット)毎回、かならずこの3点の記録は取ります。

・時間を計りますが、時間以上に正確に解答でいていることに気を配ります。

・試験後、「○」つけをするよりも、分からなかったところを見つけ、解析します。

・「目を向ける場所」…英単語、英文法、構文(3点セット)→その後、ロジックにも目を向けます!

 

(勉強をする上で、認識して欲しい点は、学習の本質を知ってください!)

「学習し、能力が向上している時」は「いつ」なのかを知ることです。問題を解いたり、英単語、英文法、構文を調べているときは学力は上がっていません。「復習し体得作業でのみ能力が上がります。」自分は、学習作業(仕込み作業)をしているのか、それとも実力を向上させるために、体得作業をしているのかをしっかり考えて取り組む必要があります。「英語学習は復習が100%を占める!」

 

ステップ2 「理解したものを100%吸収」

・理解率を上げていく作業ですが、スタンスは100%理解!このスタンスで取り組みます!みなさんの理解によっては、2回目の解答で100%押さえられるだけの実力があるかもしれませんし、5,6回かかっても大変なケースもあるかもしれません。ですが、ここで大切なのは、100%まで押し上げるという「学習姿勢」の方がはるかに重要です。(学習姿勢や勢いを自分でつけられるのであれば、学校や先生は必要ないですよね。)

・(アカデミックの内容にも目を向ける。

・英単語がない時は、まず単語量を増やします。安心してください、TOEFLの単語は普段使わないような単語ですので、誰もが最初見てびっくりすると思います。「出会った単語は」着実に100%にしていきましょう!

・英単語や内容は、アカデミック系の英語です。つまり、英語を調べただけでは、理解へと結びつきません。そこで、その単語のリアリティを入れることが肝心です!

 

ステップ3「音読」&「論理展開への視点」

 ・音読(実際にその場てしてもらいましょう!)

 ・ロジックへの目線を映していきましょう。

 

 

 

MBA合格者の100点を超えるTOEFLリーディング学習法。

TOEFL以前に、読むための文法を再度確認する必要があります。これは、mustです。 ここがあやふやでは、高得点は取れないと思います。今は時間があまり取れませんが、ある程度TOEFLが落ち着いたら、少し時間を取って、僕のリーディング方法などをみんなに伝えられればと思います。 問題それ自体は癖もないため、やはり時間内に読めるかどうかがポイントだと思います。あとは、ヴォキャの項で書きましたが、TOEFL以外の文でも自分が興味がある文は率先して読んで、多読して見るのもいいと思います。あくまで、”読むための文法”を理解してからの話ですが。ヴォキャとの相乗効果は常に考慮するべきです。これも効率を考えての事ですね。

 

【MBA留学を達成した先輩の声(社会人)】

一人では、決してここまで続けられなかったと思います。特に学生と違い、時間の管理が非常に重要であったため、週一回の勉強会はいい意味で時間管理の軸になっていました。みんなと会うのが楽しみになり、仕事がない限り、自然と足を運んでいました。たくさんの人に支えられて生きている事を再認識させてくれたのが一番大きいと思います。また、人を巻き込む力も重要な力だなとも感じました。自分を見つめる機会は確実に増えると思います。留学はある意味、自分の生き方に大革命を起こすようなものなので、色々と悩む事もありました。その時にいつも最終的に行きつくのは同じ内容です。

 

『人生は一度だけ。やらずに後悔するのだけはダメ、ゼッタイ』

( わたしのTOEFL勉強会)勉強会に入る前と後とでは、生活は180度変わりました。というか、変えました。TOEFL勉強会に入る前は、かなり遅くまで仕事をやっていました。相当やりがいを感じているので、なおさらでした。ただ、このままでは、勉強時間が一向に取れないと思い、とにかく以下の2点を常に考え、タイムマネジメントを主軸に勉強を行ってきました。 1. どうしたら、仕事を早く終わらせ、時間を確保できるか。 2. 確保できた時間をどのように効果的に使うか。 3. については、勉強方法で詳しく述べます。1.については、明日でも出来る事は、今日はやらない。今日やる事は、徹底的に効率良くやる。これに尽きると思います。この気持ちを持つようになってから、仕事もとにかく効率重視になり、2時間程度早く帰れる日も出てきています。

 

 

 

気になる!TOEFL勉強会ってどんなところ?【参加者の声】

実際に初参加されたみなさんの声をお届けいたします。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【 名前: 遠藤あすか(大学1年生、東京)】

今日は初めて勉強会に参加しました。

皆さんの意識の高さにただただ圧倒するばかりでした。

 

TOEFL勉強会は、

TOEFLの勉強だけでなく自分のこれからを築いていく

基本を固める意味合いも持っていて、

高い気持ちになれる場所だなと思いました。

 

私が今後どうしたいのか、

気持ち新たに真摯に向き合っていきます。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【 名前: 高橋春実(社会人さん、京都)】

本日、関西の勉強会に参加させていただきました。

 

最初は、どんな感じなのだろうと

ワクワクとドキドキが入り混じっておりとても

余裕があったのですが皆さんの勉強を目の当たりにして、

自分の勉強の甘さ、記憶力の低さ、

スピードの遅さを目の当たりにし大変落ち込みました。

 

本日、参加して学んだことは

1つ目はまず自分の今の現状を把握するためにも

すぐにTOEFLの試験を受けること。

2つ目は与えられた課題をしっかり期日までに完璧にすること。

3つ目は、目標とする大学を選び

 

「 能動的ではなく受動的に」情報を収集すること。

 

やるべきことは自分で勉強するよりも格段に明確になりましたので、

学んだことをすぐ実行に移します!

 

そして監督者さんをはじめ、

関西の皆さんが優しすぎて1人だったら確実に

心がポキっとなってました。笑

 

最後に本当に今日は参加させていただきありがとうございました!

 

これから、宜しくお願い致します。

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【 名前: 鈴木南美(大学2年生、名古屋)】

 

今日初めて参加させて頂きました。

驚きました。勉強している人の違いです。

 

私は大学生で毎日同じ学部の人としかほとんど関わりがありません。

なので社会人の方や違う分野を勉強している学生の方と

お話しする機会がほとんどありませんでした。

 

大学受験が終わってから

「 こんなにも一生懸命に勉強している人は私の周りにはいません」

でした。

 

私は英語学部なので私がいかに英語を勉強し

易い環境にいることを思い知らされました。

皆さん動きがスピーディーで圧倒されました!!

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 【 殿井ちひろ(医学部4年生、東京)1ヶ月目】

 

今、自分が置かせてもらっている環境って

とても贅沢だなとつくづく思います。

 

今まで、私は試験勉強は1人でやっていました。

試験前は家族以外の人とのコミュニケーションは、

すれ違うときに「 お疲れ様~」と言うくらいで、

会話することはありませんでした。

 

 『 1人で孤独にやることこそカッコいい』という、

 

今思えばとても気持ち悪い発想の持ち主でした。笑。

 

けれど、TOEFL勉強会で、単語テスト出し合ったり、

励ましあったりする中で、

みんなで頑張ることの楽しさを知りました。    

 

同時に、みんなで頑張るからこそ、

怠たり、言い訳したり、

サボったりすることはチームにマイナス影響を及ぼす、

自分がみんなのモチベーションを上げられるくらいの

パワーを持てるように頑張らないといけないなと思いました。

 

 頑張る!と口で言うのは簡単です。

 

 行動と結果で示せるように精進します!

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■ 学んでください、あなたと未来のために。

■  http://toefl-study-group.org/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です