【 これが真実!】 短期でTOEFL iBT100点を採るには、受験用テクニックではなかった。

 

【 これが真実!】 短期でTOEFL iBT100点を採るには、受験用テクニックではなかった。

 

≪ 蛯名つかささん TOEFL iBT63 →100 ≫

TOEFL iBT 100点をとれたのは「受験用テクニック」ではなく、『本気で挑戦すること』の大切さを実感できたからでです。

 

 

✿ わたしのTOEFL勉強会 ✿✿✿

TOEFL勉強会に入る前はサークル・バイト・飲み会ばっかりで、生活リズムなんて特に気にしない、ある意味超一般的な大学生だったと思います。

 

そして今までの自分に決定的に欠けていた事は、本気で何かに挑戦する姿勢でした。

 

TOEFL勉強会での勉強を通して、本気にならなければ何事も成せないということを痛感し、またそのためには勉強の効率を上げるだけじゃなく、私生活において自分をしっかりとコントロール(規律)が必要なのだと思います。

 

(普通の人は学習規律もなくダラダラしたなかでなんとなく「英語ができたらいいな~」くらいの程度でやってるはずですが、そんなことではTOEFL iBT100は獲得できるはずもなく…)

 

本気じゃないとできないですよね。笑

 

これだけみんな本気で勉強しているんだから、TOEFL勉強会のみんなスコアでますね!笑

 

 

今振り返ってみると、一番の収穫は、何度も書いているように、『本気で挑戦すること』の大切さを実感したことです。

 

つまり、僕はすごくなめきった姿勢で勉強していたのだと気づかされました。

 

本気で挑戦することなんて誰もが言っていて、この大切さは”知っている”はずです。

 

しかし、それを”実感する”って実はなかなか無いですよね。

 

あまりにも自由すぎる大学時代にそれを実感する事は特に難しいと思う。

 

だからこそ、学生時代のTOEFL勉強会の経験は僕の人生において非常に大きなインパクトを与えるものであったし、最初は全然手に届かなかった留学を勝ち取れたことは僕の将来の進路の可能性を大きく広げてくれるものになりました!

 

 

 

✿ 監督者とわたし ✿✿✿

 

僕が初めて佐々木さんに会った事を今でも鮮明に覚えています。

 

教室に入ると、半袖、ハーフパンツ、そしてサンダルというちょっと季節はずれな格好の人がいる。

 

そう、佐々木さんでした。ウケる~笑

 

(ここまでスゴイ組織の代表なら、豪華な服装に身をまとって颯爽と登場しそうですが。彼は違いました。笑)

 

 

この勉強会を通して佐々木さんがどんな人かということを個人的に考えていたのですが、佐々木さんは半端なく「人が好き」なんだと感じます。

 

『佐々木さんの予言』が的中したり、

 

TOEFL勉強会の現役生がどんな状況にあって、

 

どういうアドバイスが必要なのかを見抜く力は、

 

まさにそこに起因していると思います。

 

まぁ、僕は勝手に佐々木さんを師匠って考えてますね。笑

 

卒業してからも、佐々木さんからもっと学んでいきたいと思いますし、TOEFL勉強会と連携をとっていきたいです。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です