【 事実が知りたい!】名実ともに認める日本ナンバー1★ 留学英語TOEFLのお勉強グループの実態とは?! 

 

卒業生のさわこちゃんがお手伝いしてくださいました★ (関西TOEFL勉強会)

 

≪実際に留学英語TOEFLのスコアをたたき出した先輩≫

 

≪現役で海外留学中の先輩≫

 

≪卒業後、社会で大活躍の先輩≫

 

そんな先輩たちが無償で助けてくれるのがTOEFL勉強会です。

 

とっても親身に一人ひとりの質問に対応してくださるので大評判です!

 

「どうしてそんなことしてくれるの?!!!」

 

それは、、、、

 

 

≪ 彼らもさらに先輩から助けられて成功させていただいたからです。≫

 

後輩を助けたり、

困っている日本人を助けたり、

 

こういった≪助けたい生精神≫ こそ、卒業生が留学後「ド派手な成功を収めている」秘訣なのかもしれませんね。

 

 

そんな≪留学英語TOEFLのお勉強グループ≫の実態とは?!

 

ウソのない参加者さんの生の声をお届けします!

 

 

【参加者さんの生の声】 監督者(ささきさん)と初めてお会いしてから1年半ぐらいか経ちますが、伝えたいメッセージはいつも同じだけど、伝え方がいつも違ってバリエーションが多いなぁと感動しながら聞いています。俺は悪くないんや、学習量死ぬほど取ってるのにスコアが伸びひんのは教材が悪いんやぁ!とはハッキリ言ってませんが、その類の発言をしてました。上手くいかない時、忙しい時、お金がない時に「どう生きるか」がその人の人生を決めると思います。

 

 

【参加者さんの生の声】 「中学生の英語がスラスラでてこないのに留学は厳しい!」ささきさんにご指摘していただけたのが今日一番の収穫でした。夢に対してそれ相応の覚悟と努力量がないにも関わらず、楽に夢を叶えたいと願うことはなんとおこがましいのだろう。。こんなに他人のことに対して真剣に向き合ってくれる人はなかなかいないなと思いなおしました。先輩の皆さんは、やっぱりイケメンです。夢をかなえるにはそれ相応の努力をしなければならない、当たり前のようで今の自分には一番難しいことです。誘惑に負けず、自分の道を進めるよう日々成長していきます。

 

 

【参加者さんの生の声】 読むスピードの遅さを痛感しているところに、ちょうどReadingのアドバイスをくださって、ナイスタイミング過ぎました。特に あ!と思ったのは、全体の流れがつかみやすくなって、設問が文章のどこと対応しているのか予測する読み方です。これができるようになれば、他の資料やニュースなどを読むときにも役立てられます。また、論理的な文章の流れをインプットできると、Writingにも役立てられると思います。あと、音読も意識を持ってやっていきたいと思います。

 

次は、生産についての話。自分の人生を考えるうえで、何を生産したいか?という意識を常に持つことが大切だとおっしゃっていました。自分のオリジナルの生産物を産み出すことができる

 

→お金(生産物に対する価値)が入ってくる

→それを利用してさらに生産する…

という好循環が出来上がるから、成功できる。

もう納得するしかありません。笑

 

勉強を生活の中心に据えられるのは、学生である今の間しかないということをしっかり意識したうえで、それをどう還元できるのか?ということを、常に自分に問いかけていかなければ と思います。

 

 

【参加者さんの生の声】 今日のお話しも沢山の事を考えて、吸収してきました!今日はお話しの中で「誤解語」というワードを教えて頂きました。意味は、英単語を間違った状態やイメージ出来ない状態で覚えていて使えないという事です。ここで、Gogleの画像検索をする事で単語に対するリアリティを持つ事が大切だと言っていたのですが、そもそも日本の教科書自体があまり画像や絵が挿入されていないとの事。

 

言われてみれば、中、高、大、教科書に絵なんてほぼほぼなかったかのように思います。だからテスト前なんかは、教科書に蛍光ペンでラインだけをひいて、文字だけを覚えて点数を取っていた気がします。けど、沢山専門用語が出て来るTOEFLにはリアリティが重要で、瞬間にイメージ出来る状態にまで引き上げていかなければならないので、辞書を引くより画像検索と改めて再確認出来ました。勉強会に入って以来、まだまだ分からないし日本語に出会ったり、一般教養が足りてないんだと毎回思います…。そして、それは普通に社会人してたら気付けなかった事だと思います。この環境で気付いたからこそ、知識をつけて自分の最終プロセスに結びつければと思います。今日はありがとうございました。お疲れ様です!

 

 

 

 

 

 

TOEFL勉強会は、日本人のみんなが頑張れるように設立されました。

志高く!

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です