【 超学歴のトップ5%が、短期で、TOEFL目標スコアを達成して気づくこと 】 

 

東京外国語大学合格、波多野ひろこさん(TOEFL iBT61 →87点)

 

 

最初にTOEFL勉強会のミッションを説明された時、

 

勉強はひとりでするものだし、
「みんなと声かけ」の意味がよく分かりませんでした。

 

 

 

途中からその重要性に気付いた後も、
「やっぱり勉強は自分でするしかないし、孤独感があるとしてもそれは仕方ない」
ってちょっと感傷的になりました。

 

 

 

でも今になってようやく、その大切さ、グループで勉強することの意義みたいなものがわかる気がします。

 

 

確かに勉強自体は個人作業です。
でも疲れたときやふとした瞬間に声をかける人がいる、
そしてそれに応えてくれる人がいる、
というのはかけがけのないことです。

 

 

 

大学受験のときには感じなかったものが、このTOEFL勉強会にはあります。

 

言葉でなかなか表現できないのがもどかしいのですが。

 

言い訳をしないTOEFL勉強会は、

 

他のメンバーがどんな状況にあろうとも、

 

TOEFLに関しては謙虚であることを互いに求めることができるみなさんであり、

 

そんなプロフェッショナルな姿勢を共有できる人々に巡り合えたことは、

 

本当に全くの奇跡、幸運だったと思います。

 

それぞれTOEFLの先に目指すものは様々ですが、

 

卒業した後もこのような高い志を共有していきたい、

 

というのが素直な気持ちです。

次は、みなさんがここで奇跡を起こす番です!!!

 

どんなことがあっても夢はあきらめないで!

 

あなたを支える仲間を探すことから、人生は向上に向かいます!!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です