【ここがスゴイ!】留学を助けたい想いこそ、魅力的な人を呼びTOEFL学習が高速化するのです!

代表プロフィール
佐々木 和寛 Kazuhiro SASAKI


TOEFL勉強会 代表
アメリカ合衆国大学院卒業
 
こんにちは!代表の佐々木和寛です。ホームページをご覧いただきありがとうございます。私達は「 短い期間で、TOEFL®スコアが上がる。 」と評判をいただいてる全国で活動している勉強会です。驚かれるかもしれませんが、その驚く実績から、TOEFL®の学校のスタッフ、英語の専門学校のスタッフ、大学のスタッフ、全国の中学校、高校の英語の先生も参加しているんです。なんとも不思議な空間になってしまいました。笑
  
 

さてさて、そんな勉強会の代表であれば、「 もともと勉強ができて順風満帆な人生だったの人でしょ?」と思われるかもしれませんが、とんでもない!!! むしろ皆さんあなたより、ひどい状況だったと思いますよ。

「 すべて上手くいきました!」なんてカッコいいことは、お世辞でもいえません。

「 あの時、もっとこんなふうにしておけば…。」「 なんで、こうやってしまったのだろう…。」誰よりも反省することはたくさんありました。自分にとっては、自身の中にある甘え、未熟さと直面してしっかりと対峙する事の連続でした。
 
留学を決意して英語学習をスタートしてから6か月、英語の先生から「え!そんな簡単な英単語も知らないの?」と言われたこともありました。笑。就職難と言われた時代、その厳しい状況から抜け出し、なんとか自分らしい人生を生きたいと思うために「 やせ我慢 」で独りで勉強していました。目を輝かせながら「 絶対に英語力を上げて英語力を上げてやる!」と思って頑張ってました。笑
 
しかし!!! 
TOEFLは、世界に存在する英語試験の中で最も難しい試験。
そうTOEICや英検とは比較にならないほどの難しさ、「 世界最強のモンスター級の英語試験 」だったのです。TOEICを900点を超えた人でもTOEFLは70%も回答できないしろものなのです。

「 英語が好き。」「 外国人の友達がいるから英語を話す機会は多い。」と言えども、このTOEFL試験は、全くもって太刀打ちできない【 怪物 】そのものでした。笑
 
そんなTOEFL®挑戦したのも、そこには「 未来 」という希望があったからです。分からない英単語でも何度も何度も泣きたくなるくらい繰り返して覚え、人がいなくなった図書館、学校が閉まった時にはショッピングモールの片隅、建物のラウンジ、食堂、ありとあらゆる場所で、もがきながら勉強しました。

それでもTOEFLスコア、英語力を上げるという状況は全く改善のめどが立ちませんでした。
 
何をどうやって勉強すればいいか分からない。

リーディングを上げればリスニングが下がる、逆にリスニングを頑張ればリーディングが下がるなど【 最悪のシーソーゲーム 】を繰りかえす連続だったのです。英語のスコアが上がらず、悩み続ける学生時代を送っていたのです。
 
   
 

なぜ、TOEFL勉強会を始めたのか? 

それは、私自身が助けられて留学に到達させていただいたからです。

留学したい気持ちはあるけれど「 昔の自分のような英語力・TOEFL®スコアが上がらなくてもがき苦しんでいる人を助けたい!! 」という想いで勉強会をスタートさせました。

大切なのは、「 目標スコアを達成した人の言葉 」より、成功者たちが、「 困難を乗り越える過程で使っていた言葉 」に注意を当てることです。

わたし達の役割は、【 なぜそのような場面で、そのような言葉を使ったのか 】真意を読み取ろり、次の世代を育てるために「 成功者は、壁を目の前にしてどう考え、どう動いたか 」を伝えていくことです。

これは私達の役割であり、責任であると考えています。
 
今でも、ブログやFacebookで情報発信をしていますが、ただ、ブログやFacebookだけでは限界があるというのは分かっています。もっとも大きな困難は、「 勉強を孤独にやることで続かない 」「 1日中、ひとりで英語勉強では、気が落ち込む。」「 本当に勉強方法が正しいのか不安。」という悩みです。そういった皆さんに直接向き合って助けてあげたいという想いが強いため、直接的にお手伝いができるオフラインのTOEFL®勉強会を続けています。
 
TOEFL勉強会を現在まで続けて来た経験と膨大なデータにより、「 あなたを、最短・最速で、最高の結果を届けてあげられる自信がある!」と胸を張って言えます。ここでの経験は、あなたの人生を助けます。

TOEFL®勉強会は、「 想いはあるけれど、どうして形にして留学に向けたら良いか分からない人」を助けるのが使命です。

あなたの成長の助けになると嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です