【ロンドン大学教育大学院を優秀賞で卒業】TOEFL勉強会で学んだことは世界で活かせる!

 

【ロンドン大学教育大学院を優秀賞で卒業】TOEFL勉強会で学んだことは世界で活かせる!

 

ロンドン大学で優秀者はたいしたもんですね★
たくみどんお疲れ様です!

次は、国連で「パレスチナ難民キャンプの教育政策」に携わります!

————-

≪ ヨルダン問題を超簡単にブリーフィング ≫
第二次世界大戦後、パレスチナにユダヤ人の国家がイスラエルが「 どすん!」とできてしまって、元から住んでいた人たちが難民となって追いやられてしまったという問題です★

後から来たユダヤ人は、
第二次世界大戦中、たくさんのお金を出しましたからね。

国家をもっていなかったユダヤ人が、「とりわけ分」を戦勝国から作ってもらったということです★

でも、この地域が問題になる理由はなんと!!!

 

【 驚くなかれ! 】

ユダヤ教|キリスト教|イスラム教 の【聖地】だからです!!!!!!!

 

なんで、、、3宗教分も!!!!!!

そらケンカの種になるよね★w

たくみさんは、国土を終われたパレスチナ難民の教育支援をヨルダンで行うということです。


——————-

そんなたくみどん、

ロンドン大学 教育大学院を成績優秀者で卒業、

国連で勤務しているくらいだから

「もとから優秀で、できていたでしょ?!」

そう思われるかもしれませんが、

NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!

ノーぉぉおおおおおお!!!!!!! です★

英語全然できんくって、

Be動詞(「びーどうし」と読みます。)があるくらいだから、

A動詞がも、あるんだろう?

いずれは、C動詞も習うはず。。

そう思っていたくらい【英語は壊滅的】でした★

————-

 

そんな彼、定期的にミーティング「キャリア設定」するといって、
会いに来ます。w

「 そんなの自分でやればいいじゃん。」

そう思いますが、

【 一緒に考えたプランは、

どんな大きなとてつもないものだって
「ことごとくかなっている」
だから、逆に恐ろしくなって、
いつも顔を出しに来る。笑】

と言うのが正確な表現と思います。

今はもはや、
「かなえるために報告に来る」
そんなとこでしょうか。w

わたくしも、そんな「 真摯(しんし)な姿勢 」気に入ってるので応援しているます★

 

———

≪伯楽(はくらく)≫と言う言葉、ご存知ですか?!

漢文が好きと言う方なら(もしくは飲み屋の名前も時々あります★笑)知っている人も多いかと思いますが、伯楽とは、


のことです。

実は(今でも)良い馬を買うって大変なことなんです!

「良い馬」かどうかなんて、見た目では分からないのです。

だから大変なのです!

 

≪ 伯楽の特徴 ≫
伯楽は、ごくごくたま~に、世の中に出てきて「良い馬」を見つけていく。

【良い馬】とはたくさんの距離を走る、スタミナのあるへこたれない馬のことで「千里の馬」もしくは「千里馬(せんりば)」と呼びます。

 

そこから、こんな故事が生まれます▼▼▼

【 千里の馬は常に有れども、伯楽は常には有らず 】

この意味は、文字通り!

” 千里を走る馬は、
実はいつの時代だっている。
でも、
それの才能を見つけ出してくれる【伯楽】の方は、いつもいるわけではないよ。”

と言う意味です。

この故事から転じて

【 伯楽 】人物を見抜き、その能力を引き出し育てるのが上手な人。

という意味ができました。

また【伯楽】には、
「 農家を巡回して牛馬を治療する人」
という意味もあります。

育てるに加えて、大変な状態の馬の治療もして走れるようにするんですね。

ステキ!

———–

≪英語が壊滅的な理解度≫
≪偏差値35の工業高校から≫
≪工場勤務で生産ラインに立って働いていた≫

たくみさんが、

≪JICA(青年海外協力隊)合格≫
≪ロンドン大学、大学院の成績優秀者≫
≪国連勤務でパレスチナ難民の教育担当≫

まで、千里の道のりを駆け抜けています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。w

——————–

「 わたし達のもとから、とてつもない怪物がでてきている。」

そんな事実を、ちょっと楽しみながら

さらにみなさんの伯楽になれるように、

 

「 その人の考えをとことん理解していくこと!」
「 その人の能力を疑いなく信じて、引き出すこと!」

 

そんなバックアップ続けています。w

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です